もしかして妊娠?あかちゃん?その兆候とは?/前編

出産経験のあるママなら、妊娠するとどんな兆候があり、どういうステップで妊娠を確認するのかもう経験済み。ですので、すぐに“あれしてこれして、これ買ってきて”と、テキパキ動けるのでしょう。

 

しかし、初めての妊娠の場合、“何をどうすればいいのか全然わからない”というプレママもいらっしゃいますよね。

 

今日はそんなプレママのために、妊娠の兆候、その時に何をすればいいのかについてご紹介したいと思います。

 

【妊娠したかも?その時の兆候と必要な事】

「なんか最近体調がおかしいな?生理も来ない。妊娠したかも?赤ちゃんかも?」多くの場合、このように体調の異変を察知して、妊娠の可能性を感じるのです。この体調の異変がいわゆる「つわり」なのです。

 

一般的につわりといえば、吐き気やおう吐を想像する事が多いのですが、実はそれ以外にもたくさんの症状があるのです。

 

では、多くのママ達はどんなつわりの症状を感じ取ったのでしょうか?ここでは代表的なつわりの症状についてご紹介します。

 

《つわりの症状》

つわりの症状はさまざま。つわりが起きるきっかけも人それぞれ異なります。すぐに収まる人、長く続く人と、そのパターンも十人十色。ここでは、代表的な症状についてご紹介します。

 

(吐き気や嘔吐)

つわりの代表的な症状と考えらえているのが、この吐き気と嘔吐です。軽い吐き気を感じるたけの場合もありますが、実際に嘔吐してしまう事もあり、つわりの中では特に辛い症状の一つです。

 

きっかけは、食事を前にした・空調の違う部屋に移動した・ニオイの強い空間に入ったなど、普段ならなんともない事に過敏に反応する事があります。ちょっと変わった事例としては、普段からやや不快に感じる物を見た時などがありました。例えば、道端に落ちているガム、普段なら“いやだな”と思ってやり過ごすのに、つわりの時にはこれを見ただけでも吐き気をもよおしたなんて事もあるのです。

 

(唾液が増える)

口の中の唾液が増えて、口内に苦みが充満するという感覚を覚える場合があります。少し胃液が上がってくる、吐き気未満?の感じとも言われています。

 

(からだがだるい・倦怠感)

風邪の初期症状にも似た、あるいは水泳の後のけだるさにも似ている倦怠感を覚えます。少なくとも数時間から数日間続く、あるいは倦怠感を感じ取ってから数カ月間その状態が続いたという事も珍しくありません。

 

(片頭痛)

それまで、頭痛には縁が無かったという人でさえ、この片頭痛を感じる事があります。この片頭痛、痛みが強いのが特徴。吐き気やおう吐を伴う場合もあるのです。きっかけは、5感で感じるすべて。光・ニオイ・ちょっとした打撲や肌への刺激・暑さ・寒さ・食べ物の味など。

 

(とにかく眠い・過眠)

“妊娠初期のつわりの時期には寸暇を惜しんで寝ていた。”そんな話を聞くほど、つわりの眠気は強いのです。座ったまま寝てしまった、どうしても起きている事が出来なかったなど、普段とは明らかに異なる眠気を感じるのです。

 

(食欲不振)

空腹感はあるのに、食べたくはない。あるいは、空腹感も感じない。そんな食欲不振を感じるのです。

 

(匂いに敏感になる・好みが変わる)

普段好きなニオイでも、受け付けなくなるとか、好みの香りが変わるなどがあります。

 

(食べ物の好みが変わる)

普段好んで食べている物がダメになったり、普段はそんなに好んで食べない物が、凄く食べたくなり、そればかりを食べているといった状態になる事があります。

 

(肌荒れ)

ニキビや肌全体が乾燥して赤みが出るなどの症状が現われます。

 

《つわりの原因》

このつわりが起きる原因は、妊娠したのと同時に体内に分泌するホルモンが関係しています。このホルモンにより、体内では赤ちゃんを育てる準備が始まり、様々な変化を迎えます。その多くの変化をまとめて「つわり」と表現しているのです。

 

《つわりの起きる時期とは》

これにも個人差はありますが、一般的には妊娠が判明する妊娠2カ月頃と言われています。早い人では、妊娠1か月ごろにはカラダの変化を感じ取っていたという話も少なくありません。

 

《どうやって判断するの?》

妊娠かも?と感じた場合、一般的には妊娠検査薬で判定を行います。

 

注意しなければいけないのが、検査薬の種類と検査する時期。この検査薬は、ドラッグストアなどでカンタンに入手できるのですが、問題となるのがその判定のタイミング。通常、生理の遅れやつわりの状態を感じ取り判定するのですが、そのタイミングが早すぎた場合、妊娠しているにも関わらず、陽性反応を示さない場合もあるのです。

 

ですので、一般的は妊娠判定薬を使用するならば、妊娠2か月の時期、つまり生理予定日を1週間程度過ぎた頃がベストなタイミング。

 

また、最適な時期に行ったとしても、妊娠判定薬の確率は90%ですので、最終的には病院での検査が必要なのです。

 

【前編まとめ】

もしかして妊娠?あかちゃん?その兆候とは?/前編では、妊娠の兆候とそれを感じるタイミング・判定方法をご紹介しました。

 

後編では、妊娠判明!その時何をする?妊娠判明から行うべき準備などについてご紹介したいと思います。ご期待ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です