もしかして妊娠?あかちゃん?その兆候とは?/後編

前編では、妊娠の兆候とそれを感じるタイミング及び判定方法などをご紹介しました。後半では、具体的にはどんな準備が必要なのか?などついてご紹介したいと思います。

《妊娠判明!?その時何をする?》

一般的には、妊娠2か月ごろ、生理予定日を1週間程過ぎた時、体調の異変などを察知して、妊娠の可能性を考え検査薬などで確認を行います。

次に、病院で妊娠の最終確認と妊娠状態のチェックを行います。ここで妊娠が判明した場合、いよいよ妊娠生活が始まります。

先ずは、パートナー、つまりパパへの報告ですよね。

もし、飲酒や喫煙の習慣があるのならば、キッパリやめます。タバコの煙は体内の赤ちゃんに多大な悪影響を与えますので、周囲に喫煙する人がいる場合にも注意が必要になります。

同時に、既往症などで服薬が必要な場合、担当医に相談します。有職のママの場合には、その関係先に対してもタイミングと必要に応じた説明を行います。

そして、役場に妊娠届を提出して、母子手帳を交付してもらいます。これが、妊娠が判明した後の流れとなります。

《妊娠判明から行うべき準備》

ここからは、「妊娠判明!?その時何をする?」で行った事柄以外についての流れをざっくりとご説明します。

(タイミングを見計らって、周囲への挨拶)

妊娠判明後の流れでご説明した内容が終わったら、次は周囲への報告や挨拶・支援のお願いなど、必要に応じてタイミングを見ながら行います。

妊娠による生活の変化などの説明と同時に、つわりなどが酷かった場合などで、生活が困難になる場合を想定しておけば、なにかがあった時にも支援をお願いしやすくなるといったメリットもあります。

また、仕事を持つママの場合、休暇取得や支援制度など、会社によって異なりますので、しっかりと確認しておきましょう。

(病院を決める)

妊娠判定のために訪れた病院、あるいはこれから病院選びを行うなど、いろいろなケースがあると思います。

病院には、出産まで何度も足を運び、担当医にはいろいろな相談にも乗ってもらうのです。通院の利便性など生活環境面・担当医などとの話しやすさや病院の雰囲気など、自分との相性・自分の条件に合致した病院(産院)を選びましょう。

持病のある方などは特に注意を払って病院を選んでください。信頼できるホームドクターがいれば相談してみるのも良い方法です。

また、里帰り出産などで途中から病院を変わる場合には、特別な手続きが必要になる場合がありますので、事前にしっかりと調べておきましょう。

(生活面の見直し)

働くママの多い現代社会です。食生活や生活習慣がどうしても乱れがち。しかし、妊娠を機に、栄養バランスの良い食生活への改善を行い、健康に気をつけて生活を送りましょう。

また、生活面ではできる限りゆとりをもった時間設定での生活に切り替えましょう。

(必要な栄養素の摂取)

妊娠中に必要不可欠な栄養成分があります。これが不足すると、お腹の赤ちゃんに多大な影響が出てしまう事がありますので、充分に注意して摂取します。しかし、つわりなどで思うように食事がとれない場合などには、サプリメントなどで補給する方法を検討してみましょう。

その中でも特に重要なのが葉酸です。意識的に摂取しましょう。

(靴・服装)

楽な洋服・かかとの低い靴・カラダを冷やさない服装などを心がけましょう。

(肌のお手入れ)

妊娠中には、普段よりも肌の乾燥が顕著になりがちです。また、肌荒れなどを起こしやすい状態になっていますので、普段のお手入れでは問題がある、物足りないと言った場合には、ケアアイテムを変えてみるというのも検討してみてください。

(妊娠線のケア)

早い人で“妊娠3か月なのに妊娠線が出来てしまった”という事があります。この妊娠線は一旦できてしまった場合、いくらか薄くなったとしても、完全には元に戻りません。自然なままでOKならば問題ないのですが、気になる場合には早めにお手入れを始めましょう。

妊娠線が出来るのはお腹だけではありません。バスト・二の腕・太ももなど、人によってできる場所は異なります。その兆候としては乾燥とかゆみ。出来る前にケアして最低限に防げると良いですね。

(セックス)

妊娠中のセックスは、ドクターストップがかからない限り問題ありません。しかし、カラダの負担になる時間・行為は避けましょう。行為自体に不安を感じる場合には、パートナーと相談して一旦中断してみる、あるいは担当の医師に相談する事をオススメします。

【まとめ】

妊娠判明のためにする事、その後するべきこと、してはいけない事、変化させるべきこと。

妊娠に伴ない、ママの環境はまさに激変します。それは、コトバで聞く以上に大変な事で、多大なストレスを感じるのが当たり前。

しかし、妊娠はママだけの事ではありません。一人で抱える必要などありません。パパはじめ周囲に力をかりながら無事出産までこぎつければいいのです。

赤ちゃんの誕生は、その周囲みんなの笑顔につながる素晴らしい事なのです。遠慮せずに、胸を張ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です