男の白髪は染めない?アレンジ次第でかっこよく演出!!

男性にとっての白髪ケア、女性の私たちより、少々センシティブな問題のようです。

身だしなみも大切なので、見た目にはこだわりたいから、年齢相応に見えるように白髪をカバーしたい。でも、カラーリングにはいろいろとリスクがあるので、万が一の事を思うと腰が引けてしまう。そんなご意見も少なくありません。

万が一とは…そう、薄毛の原因になったり、悪くすれば髪の毛がなくなるかもしれないという事。これは、カラーリングに配合されている強い薬剤の影響を受け、毛根がダメージを受けた場合にい凝り得る問題、やっぱり怖い。それは当然ですよね。

アレルギー体質の方ならば、ことに慎重になるのもうなずける話です。それに、これは単なる心配ではなく、実際に起こっている事。

白髪染めによる頭皮へのダメージトラブルは案外多く、消費者庁が注意喚起を行う程。頭皮トラブルを発症した人の中には、深刻な状態の人もいらっしゃいます。それをしれば、躊躇するのも当然の事ですよね。

別の角度での心配もあるようです。若い時と違い、ある程度の年齢を重ねると、あまり真っ黒な髪の毛や茶色い髪の毛にも、なんだか違和感を感じる。

あるいは、染めた事で生え際の白髪がかえって目立ってしまったなど、カラーリングするからこその悩みもあるのでしょう。

そこでご提案。いっそのこと染めるのはやめて、昔で言うロマンスグレー、今の言葉でシルバーヘアとして演出してみるのはいかがでしょうか?

ここでは、独断と偏見?で、かっこよい白髪男性の特徴についてご紹介したいと思います。

【白髪を染めずに上手に演出する条件/男性編】

《清潔感は絶対条件》

白髪の男性に必要なのはやはりなんといっても清潔感でしょう。これがなければ、単なる手入れが出来ていない白髪に見えてしまい、シルバーヘアーには到底見えません。

お洒落なシルバーヘアを演出するのならば、カットの頻度、頭皮環境を清潔に保つ事などに注意を払いましょう。

《やはり着こなしは大切です》

お洒落な洋服に身を包み、ステキな車に乗って、紳士的な振る舞い。

なのに、髪の毛はまるで真っ黒の帽子かヘルメットでもかぶっているようなヘアスタイル。そんな人っていませんか?

こういう人を見かけると、残念、実にもったいない、そう言いたくなります。こういうアンバランスを避ける為には、一度全身が映る鏡の前に立ち、トータルバランスをチェックしてみませんか?

年齢を重ねた顔と、髪色のバランスが取れているのならばOK。もし、アンバランスだなと思うのならば、シルバーヘアに挑戦するタイミングが来ているのかもしれません。

《体型が崩れると…》

男性も女性も、体型ってホント大切ですよね。

年齢と共にお腹が出てくるのは、ある程度は仕方のない事ですが、洋服の上からでもはっきりとわかる程でているならば、白髪をシルバーヘアとしてお洒落に演出するのは難しいかもしれません。ちょっと絞ってみましょう。

あるいは、あまりにも痩せすぎたカラダの場合、白髪だとちょっと寂しい印象になってしまいます。少し筋力アップしてみましょう。

これによって、洋服を着た時のすっきりしたウエスト部分、頼りがいのある胸板などを演出してみてください。

《カッコイイシルバーヘアの男性は姿勢が良いのです》

シルバーヘアで振る舞いも堂々としている男性は姿勢が良いのです。これも、かっこよい要素になっているのでしょう。

シャキッと背を伸ばし、姿勢を正して生活するだけで、印象が全然違います。

《髪が白いかどうかではなく、スタイルが一番!》

そして何より大切なのが、ヘアスタイルです。有名俳優さん・アーティスト・タレントさんなど、白髪を上手に演出なさっている方は、皆一応にヘアスタオルがお洒落です。

しかし、そんなに髪型ばかり気にしていられない、そんな人もいますよね。ならば、おススメなのがオールバック・ツーブロック刈り上げなどです。これらは短めのスタイルで、セットの難易度も低く、清潔感もあります。

サロンなどでカットの際にセットの仕方をレクチャーしてもらい、ご自分でも毎日セットして上手に演出してみましょう。

【とはいっても、真っ白は…】

《少し色を調整してみましょう》

とはいえ、どんなに工夫しても完全な白髪だと、年齢不相応に老けて見えてしまう事も。そんな時にはちょっとだけ色を加えてみましょう。

シルバーヘアに濃いめのグレーを合わせれば、見た目の印象がガラリと変わります。お試しください。

《ちょっとした問題も》

ご紹介したメンズビゲングレーヘアは、とても自然に髪色を変える事が出来ます。しかし、本格的なヘアカラーではありませんので、退色が早いというデメリットがあります。

定期的なケアを行えば防ぐ事が出来ますので、まずは使用方法に従ってケアを行い、徐々にご自分に合ったパターンでのケアを行いましょう。

もし、自分には合わないなと、使用をやめたい場合には、ある程度の期間使わなければ、徐々に髪色は抜け、やがて元の白髪に戻ります。

【まとめ】

某有名芸能人の方がグレイヘアで堂々とテレビに登場され、そのカッコよさで一気に火がついたグレイヘア。

多くの女性が、髪型だけではない、佇まい全体からにじみ出る「カッコよさ」に、目を奪われました。そんなナイスミドルな男性が町にあふれるといいなと、ちょっと期待してしまいます。

みなさん、女性達の期待に応えてみませんか?

出典:【祝かぶれ卒業】肌荒れしない白髪染めを探している人のためのサイト